写真は映像であり物質である。
映像は紙上に定着して写真となった時から、外的影響を受けて変容し続ける。
それは映像が脳に定着して記憶となってから、忘却されたり、無意識に組変えられたり、断片的に夢の中に現れることに近い。
1枚の写真を被写体として撮影する行為は、もう一つの変容する映像を生む行為である。


Photograph is a substance of an image.
Images continuously undergo metamorphoses even after they are fixed on papers.
It is similar to how images fixed on brains are forgotten, recomposed,
fragmented and appeared in forms of dreams.
Taking a photograph, is an act of capturing a morphing image into
another image that will continue to transform on its own.