地球は、広大な宇宙の片隅に在る、一つの小さな惑星。
それと同時に、地球上にいるわたしたちも宇宙の中に存在している。
此処から何処かへ、移ろいながら生きているわたしたち人間は、宇宙の中で例えるならば小さくて孤独な流れ星のようなもの。
身体が滅び、いずれは魂だけとなって夜空に輝く。


The Earth is a small planet, which exists at the corner of this vast universe.
We are also present in the universe as we live in the Earth.
We are all in transition, as if we were lone shooting stars there.
As our bodies disappear, only souls do exist, flashing alone in the dark sky.